ネコ立入禁止その2

「犬・猫を敷地内に入れないで下さい!」

PC250495s

近所のアパートの私道に張り紙が出ました。
うちのクリとリトのことを言ってるのでしょうかw
うちの奴らはもう歳なので、扉が閉ざされていれば侵入できません。
「シロクロ」が軽々ジャンプして通り抜けるのはたまに見かけます。
ワンコがここを入っていくのは見た事ないなぁ。ほとんど扉は閉まってるので。
わざわざ扉を開けてペットを散歩させる人がいるわけもないし。

ところで「シロクロ」がノラか家猫かは、今は分かりません。

かつてこのアパートは砂利の駐車場でした。
その奥に一人暮しのおばあちゃんが住んでいて、
シロクロの猫を飼っていました。
シロクロはほとんど放し飼いの状態だったので、
この地域のボスを張っていました。
あちこちからやってくるネコとフーッってやりあい、
リトやクリも何度追いかけられたことか。

でもほとんどノラ化していたので寿命も短かったのか、
ふと気が付くと姿を消していました。
ところがその前には同じ柄の子猫がうろうろしていて、
また気が付くと、シロクロの成猫がボスになっていたりします。
そんな世代交代を何度見てきたことか。
おばあちゃんは亡くなり、駐車場が無くなり、
それでも忘れた頃に、またシロクロのネコを見かける。

ここはそんなところです。
アパートだろうが無かろうが、地球なんだから、猫も犬もいます。
地主がハウジング業者に土地を貸し借りする契約をしても、
住居人が不動産屋と契約しても、
そこに生きてきた生き物とはなんの契約も取り交わしていない。

家に侵入してくるならそれは問題。
うちみたいにネコアレルギーの人間だっているから。
セキュリティ上、扉で封鎖するの分かる。
でも、隣家との間は、一昔前なら「裏路地」と呼ばれ、
野良猫野良犬、洟垂れ小僧(笑)が走り回っていたもの。
人それぞれ都合はあるともうけど、
人間以外の生き物を拒絶する考え方って、どうなんだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。