中性脂肪にチャイ

亭主関白で、台所に立つ事なんてまずないことなのに、
最近せっせとミルクパンをコンロにかけています。

P9174744s
[ E-3 Zuiko Digital 25mm F2.8 ]

屈辱的にも、定期検診で中性脂肪が引っかかってしまいました。
そんな暴飲暴食してないのに!! 😡
で、晩酌を控えるためにチャイを飲むようにしたのです。

PA015097s

ま、飲みに行っちゃえば、宵越しのナントカで、
朝4時まで呑んじゃったりして、旨い酒を断るのは野暮な話し。

チャイが中性脂肪に良い、かどうかはまったく知らないけど、
今のレシピを書いておこう。

マグカップ2杯分のレシピ。
水を1杯。牛乳を1杯。紅茶葉をティースプーン3杯。ショウガ少々。砂糖スプーン1杯。

  1. マグカップ1杯分の水を沸騰させます。
  2. 沸騰したら、弱火にして、紅茶葉を入れて、葉が開くのを3~5分待ちます。
    葉はの量はマグカップ2杯分作るよりは多め、紅茶は濃い方がいいです。
    葉の種類は、こだわらない。安い物で、がんばって限界まで出すようなイメージで火にかけます。
  3. それから、水と同量の牛乳を投入。
    コクを出そうと、牛乳を多めに入れてみたりしたけど、それだとべたべた感じになる。
    投入量は水と同じぐらいのがちょうど良いみたい。水の方は沸騰して紅茶を少し煮るところですこし減ってるだろうし。
  4. それから続け様に、ショウガを少々。
    生ショウガがないときは、チューブのを入れました。
    本物のショウガをすった方が、香りは良いけど。
    量は、欲張らない程度。小さじ一杯程度がイイ感じ。
  5. 砂糖も投入。
    砂糖は中性脂肪に良くない気がして少なめにして、ショウガを多くしたりしてみたけど、
    やっぱりチャイは甘い方が美味しいので、ギリギリのスプーン1杯に落ち着きました。
    さらにおしゃれにシナモンなんて入れたりして。これはすぐにやめました。
    シンプルな方が飽きが来ないです。
  6. 材料を軽くかき混ぜながら投入したら、あとは放っておいて、
    弱火のまま煮詰める感じに。
    沸騰させてしまうと、牛乳が膜を張ってしまいます。
    鍋の縁に、気泡が出てきたら火を止めます。
  7. これで完成。
    熱々より、少し冷まして飲んだ方が美味しいです。
    鍋を高いところに持ち、落とすように素焼きのカップに注ぐと、適度に熱が逃げて、これが一番美味しいんだろうけど、
    そんな芸当は出来ないので、ポットに移して、小振りのカップで少しずつ飲んでます。

僕は一月の間インドでチャイを飲んでいたのですが、さて、レシピなんて聞いたことがないので、ほんとうにこれで良いのか判りません。
インドにいたのも昔の話しで、味なんか覚えてないし。
そもそも、作る人によって味は違っていたと思う。凝ったチャイなら何らかのマサラが個性的に入っていたのかもしれない。
激安バックパッカーだったので、安いシンプルなモノばかり飲んでいたんだと思う。暑いところでは、甘いのが美味しかった。

今、ぼやっと思い出すのは、旅の半ばぐらいか。どこかの街の夕暮れ時。暑いばかりだったのに、少し気温が下がってほっと感じたその日。現地の「フレンド」が「寒い寒い」と言い出して、それを笑っていました。
暑い大気の中に、すっと涼しい風がゆっくりと細く紛れ込み、まるでマーブル模様のような季節の変わり目。
大気の変わり目、季節の変わり目、夕方と夜の変わり目。記憶がぼやっとしているんだけど、その時、その場で、すでにどこか夢の中にいるような感じを、不思議と実感していたのを覚えている。インドのテンポに慣れて、しみじみと「こんなところまで来たんだ」と思え、二ホン人たった一人でインド人の雑踏の中にいる、それが現実じゃないみたいだった。

「寒くなってきたら、チャイにショウガを入れるようになるんだ」

むこうから、強引に「フレンド」になってきたインド人がそう説明してくれた。だから、暑い時期はショウガを入れるケースは少なかったはず。「買ってきてあげるよ」と親切に言ってくれるけど、その親切に見返りを要求されるのは当然で、ついでに自分のも一杯、と言う事だと言うことはすぐに判るし、その日本円にしてたった5円程度のチャイも、「いちいちたかられてたまるか」、と現地の通貨感覚にしっかり馴染んでいたんだけど、ぼやっとしていて、一緒に飲むのも良いかなと、頼んだ。
それは確かに暖まるジンジャーチャイだった。

今でも、季節の変わり目、大気がマーブル模様になるとき、それを思い出す。

と、メランコリックに回想してみましたが、チャイの飲み過ぎは、それはそれで中性脂肪がたまりそうですね(笑)
軽くググると、数年前から流行した「牛乳は身体に毒」説がドっと出てくる。これにはちょっと眉唾。
どんなものでも、良い所もあれば悪いところもあるだろう、何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしってもんです。
マグカップ2杯分をつくっても、牛乳は1杯分。これをたまの夜にゆっくり飲むぐらいなら、同量の酒よりはマシだろう。

朝練をサボってる方が、きっと一番悪いんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。